イベントで活躍する

レンタルの世界には、様々な物が存在します。医療用具やオフィス用品、育児用品など、思いつく物が相当あります。そのレンタルの業者が、最近注目しているのが、遊具の取り扱いです。もともとベビーカーやベビーベッドを扱っていたレンタル業者が、室内遊具を扱ったことで、意外な所から引き合いが来ました。それは、イベント企画業者からです。現在、地域おこしと称して、大小のイベントが毎月のように開催されています。多くの来場者を見込むために、家族連れが来てくれることに力を注ぐことになります。会場設定には、子供たちが楽しめるようなスペースが用意されます。小型滑り台やミニジャングルジムなどは、そのような場所でとても重宝します。遊具のレンタルが業績を伸ばしているのには、このような背景があるのです。

ベビー、子供用品レンタルの会社が手掛けた遊具のレンタルですが、イベントの種類が豊富になるにつれて、様々な商品がお目見えしました。小ぶりな物は、ミニ滑り台や抱きつきぬいぐるみなどの赤ちゃん専用品になります。そして、最近は、小型メリーゴーラウンドやボールハウスなどの大型のレンタル品も扱うようになりました。イベント会場では、子供たちに大人気のアイテムです。そして、イベントが盛んになったことで、レンタル会社では、もう一つのサービスを始めました。イベント会場で、子供達の事故が起こらない様、専門の指導員の配置を始めたのです。子供たちに、遊具で遊ぶ際は順番を守ること、遊具やおもちゃを独占しないなどのルールを説明し、見守りを徹底しています。このような配慮により、イベント会場の子供の事故の防止に役立てているのです。